PayPayチャージ、ソフトバンクとワイモバイルのキャリア決済に対応

    PayPay ロゴ

    PayPay ロゴ
     
    PayPay残高へのチャージ額が、ソフトバンクとY!mobileのキャリア決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」に対応しました。使いすぎ予防のために利用可能額を設定することもできます。

    PayPayチャージをスマホ料金とまとめて支払い

    PayPay、ソフトバンク、SBペイメントサービスの3社は、PayPayへのチャージ額を「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」でスマートフォン利用料金とまとめて支払い可能になったと発表しました。
     
    ソフトバンクとY!mobileのスマートフォン利用者は、銀行口座やクレジットカードを登録せずにPayPayを利用できるようになります。
     
    「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」の利用には、PayPayアプリのアップデートが必要です。

    使いすぎ防止機能も

    「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」は、契約時に登録した使用者の年齢によって毎月の利用可能額が以下のとおり設定されています。
     

    • 満12歳未満:最大2,000円/月
    • 満20歳未満:最大20,000円/月
    • 満20歳以上:最大100,000円/月

     
    このほか、「My SoftBank」「My Y!mobile」には、利用可能額の設定、サービス利用の制限設定が可能な「使いすぎ防止機能」があります。

    PayPayアプリで設定可能

    すでにPayPayを利用しているユーザーが、「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayにチャージするには、PayPayアプリ画面右下の「アカウント」から「外部サービス連携」を選択して設定します。
     
    PayPay 「ワイモバイルまとめて支払い」「ソフトバンクまとめて支払い」
     
    初めてPayPayアプリを利用する場合は、最初に「ソフトバンク・ワイモバイルで新規登録」を選択し、画面の指示に従って進むと設定できます。
     
    PayPay 「ワイモバイルまとめて支払い」「ソフトバンクまとめて支払い」
     

     
     
    Source:PayPay
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次