トップページ > 最新情報 > Appleの「マップ」にARを使ったナビゲーション機能が追加される?
2019年7月26日 11時10分

読了まで 218

Appleの「マップ」にARを使ったナビゲーション機能が追加される?


 
Appleの純正「マップ」アプリで、AR(拡張現実)を使ったナビゲーション機能が今後利用できるようになるかもしれません。AppleがARを使用したナビゲーションに関する特許を申請していたことが明らかになりました。

ARナビゲーションはiPhoneで利用可能?

GoogleマップのARナビゲーションが今年5月からPixelシリーズで利用可能となっていますが、Appleの「マップ」でもARを使ったナビゲーションが近く利用できるようになるかもしれません。
 
Appleが2018年1月に申請していた「拡張現実を使ったナビゲーション(Navigation using Augmented Reality)」と名付けられた特許が、現地時間の7月25日に公開となりました。
 
カメラとディスプレイがついたデバイス(特許図面の端末はiPhoneのように見える)を自動車のダッシュボードに設置すると、最適化された道路が映し出されます。
 
ナビゲーションを使用し始める前に、一連の道路画像がカメラで撮影されます。それらの画像は、地平線を定めるためカメラ角度の基準点として使用され、また道路の構成要素を把握するのにも役立ちます。
 

Apple/USPTO


 
道路がどこにあるのか、車線が複数ある場合自動車がどの車線を走っているのかを、デバイスの位置情報と以前取得された情報から見極めます。
 
ひとたび道路の位置情報とカメラ角度が定められると、道路のライブフィードが映し出されます。実映像にナビゲーション画像が被せられるだけでなく、使用していない車線が暗く表示され、経路がハイライトされるようになっています。
 
また、道路上に示される矢印で、車線変更や、左折・右折箇所を教えてくれます。矢印は、車線変更、左折・右折箇所が近づくと動いたり、点滅したりします。
 

Apple/USPTO


 
Appleが特許を申請したからといって、必ずしもその特許技術の開発が行われているとは限りませんが、将来的にARナビゲーションがAppleの「マップ」で利用できるようになる可能性は十分ありそうです。
 
 
Source:Apple/USPTO via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる