Alexaから医療アドバイスを受けられるように イギリス

    amazon alexa

    amazon alexa
     
    イギリスにて、Amazonの音声AIアシスタント「Alexa」に話しかけるだけで、必要な医療情報を提供してくれるサービスが開始されました。

    音声経由でNHSの医療情報が参照可能に

    英政府は現地時間10日、英国民保険サービス(NHS)とAmazonの提携を発表し、NHSのWebサイト上にある医療情報をAlexa経由で取得できるようになると明かしました。
     
    このサービスはAlexaがNHSのWebサイトから検索結果を参照できるアルゴリズムを用いたもので、たとえばユーザーは「アレクサ、偏頭痛はどうやって治すの?」「アレクサ、インフルエンザの症状は?」といった質問をすることで、NHSのサイト上にある正しい医療情報を簡単に知ることができます。
     
    サービスはすでに始まっており、2020年までにはNHSのWebサイト上にある症状の半数をアレクサ経由で調べることができるようになります。

    サービス開始には賛否両論

    サービス開始について英保健省は、インターネットを使えない高齢者や目の不自由な人にとって助けになると説明しています。また、長時間労働を強いられる医師や、ネット上に飛び交う間違った医療情報を危惧する医療専門家からはサービス歓迎の声が相次いでいます。
     
    一方で、プライバシーの問題も残されています。Amazonは以前に、Alexa経由で集めた情報を完全に消すことはできないと認めており、ユーザーが検索した症状等はAmazonに筒抜けになっている可能性があります。そのため、Amazonがユーザーの医療データを収集して、ターゲティング広告に流用するのではないかという懸念もあるのです。
     
     
    Source:GOV.UK,Mashable via GIZMODO,DG Lab
    Photo:Unsplash-Rahul Chakraborty
    (kotobaya)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2016年より専業Webライターとして活動。iPhone使用歴は11年以上。iPad、MacBook Pro、Apple Watch、AirPods Pro、AirTagなどApple製品を愛用。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次