トップページ > 最新情報 > iPhone窃盗犯の自撮り写真、なぜか自らInstagramに投稿 警察が公開して捜査中
2019年7月10日 05時32分

読了まで 25

iPhone窃盗犯の自撮り写真、なぜか自らInstagramに投稿 警察が公開して捜査中

iPhone 泥棒
 
iPhoneを盗んだ男がその端末で自身の顔を撮影し、なぜか被害者のInstagramアカウントで写真を共有しています。被害者がこの写真を警察に提供したところ、警察はFacebookを通じて写真を公開、犯人についての情報を募っています。

変顔で自撮り

iPhoneを盗んだ犯人は何を思ったのか、搭載されているカメラを使い変顔で自撮りした上で、被害者のアカウントを使いInstagramにその写真を投稿してしまいました。被害者はこの写真を警察に提供し、警察はFacebookでこの写真を公開するとともに、犯人の顔に見覚えのある人からの情報を募っています。
 
なぜ犯人が自撮りしたのか、なぜ変顔だったのか、そしてその写真をなぜInstagramに投稿したのかは不明ですが、この写真は犯人逮捕への大きな手がかりになるでしょう。少し不思議な事件ですが、iPhoneを窃盗した後に電源も切らずに自身の顔写真を撮り、それをSNSに投稿するなど、非常に杜撰な犯行であり、犯人逮捕もそれほど難しくなさそうです。

iPhoneの盗難は激減

近年、iPhoneを狙った窃盗はかなり減っているとされます。これは遠隔でロックできる機能が普及したためだと考えられています。持ち主が遠隔でロックしてしまえば、犯人はiPhoneを売却することができず、現金に換えることができません。iPhoneは盗んでも金にならないとの認識が窃盗犯に広がっているのでしょう。
 


 
iOS13には盗まれたiPhoneのモバイルデータ通信やWi-FiがOFFにされていたとしても、そのおおよその場所を追跡できる機能も追加されます。これでiPhoneが盗まれてもその場所が判明する可能性が高まり、犯人の検挙率も上がりそうです。窃盗犯にとってiPhoneは盗む価値のない端末から、盗むと捕まる端末と認識が変わるかもしれません。
 
 
Source:iPhone Hacks
(KAZ)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる