トップページ > Apple Watch > 2018年の世界スマートウォッチ出荷台数、対前年比で41%増に
2019年7月4日 12時02分

読了まで 213

2018年の世界スマートウォッチ出荷台数、対前年比で41%増に

Apple Watch Series 4
 
Apple Watchに代表される、2018年の世界スマートウォッチ出荷台数は、対前年比で41%成長したと、調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ(以下、カウンターポイント)が報告しています。

Apple Watch Series 4は2018年のベストセラー機種

カウンターポイントによれば、Apple Watchの2018年の出荷台数は、対前年比22%増と堅調な伸びを記録しました。中でもApple Watch Series 4は、四半期一期分だけで1,150万台を売り上げ、2018年のベストセラー機種となっています。
 
同社は同モデルの成功要因について、心電図(ECG)や転倒検出などのヘルスケア関連機能に重点を置いたためだろうと述べています。

SamsungとHuaweiも好調

Apple以外では、Samsungが対前年比で90%増と劇的な成長を達成し、2018年の同社のシェアは一気に9%へと拡大しました。Samsungのスマートウォッチ出荷の50%を占めたのは、2018年第3四半期に発売された、電池寿命が長いGalaxy Watchシリーズです。
 
Huaweiも対前年比で129%増を記録し、2018年のシェアは2%となりました。独自OSの採用、印象的なデザイン、そして値ごろ感によって、Huaweiのスマートウォッチ事業は同社のコンシューマー向け事業の中では2019年に成長が予想される唯一のセグメントとなる、とカウンターポイントは予想しています。
 

世界のスマートウォッチ出荷シェア  2017年 vs. 2018年 vs. 2019年(予測数値)

売り上げトップ5機種のうち3機種はApple Watch

スマートウォッチのベストセラー上位5機種で2018年の市場の48%を占めました。このトップ5機種のうち3機種はApple Watchでした。4位にランク入りしているimoo Z3は、4G LTE搭載の子ども向けウォッチです。Z3はQualcommのWear 2100チップセット、そして、防水等級IPX8を搭載しています。
 

 
 
Source:PR Times/カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる