ARMでCPUアーキテクトを務めたマーク・フィリッポ氏がAppleに入社


     
    ソフトバンク傘下のプロセッサ設計、開発会社ARMでCPUアーキテクトを務めていたマーク・フィリッポ氏が、5月からAppleに入社していたことが同氏のLinkedInプロフィールから明らかになりました。

    IntelとAMDにも在籍した人物

    Appleに新たに加わったフィリッポ氏は、ARMでチーフ・アーキテクトとしてCortex-A76やCortex-A72の開発を担っていた人物です。これから市場に出てくるARMの7nm(ナノメートル)と5nmのチップアーキテクチャの開発にも関わっていたとされています。
     
    フィリッポ氏は、ARMに加わる前の2004年から2009年の間、Intelで主任CPUアーキテクトとシステムアーキテクトを務め、1996年から2004年までAMDに在籍した経歴を持っています。

    Mac向けチップの開発を本格化?

    AppleはMacに搭載するプロセッサの内製化を進めており、早ければ2020年にもARMアーキテクチャをもとにしたプロセッサ搭載のMacをローンチさせるともいわれています。
     
    フィリッポ氏の入社という今回の動きは、AppleがMac向けのチップ開発をさらに本格化させているということの証なのかもしれません。
     
    今後、Appleのチップ開発の動向が気になるところです。
     
     
    Source:Reddit via AppleInsider, iDownloadBlog
    Photo:ARM
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次