トップページ > 最新情報 > パイオニアのスマホ用イヤホン、ユーザーの聴感度に合わせて音を補正する機能を搭載へ
2019年6月25日 14時30分

読了まで 158

パイオニアのスマホ用イヤホン、ユーザーの聴感度に合わせて音を補正する機能を搭載へ

Pioneer Rayz Plus
 
オンキヨー&パイオニアは25日、ユーザーの耳の聴感度に合わせて音を補正する「Hearing Health」機能の開発に成功したと発表しました。
 
今後、スマートフォン用イヤフォン「Pioneer RAYZ」シリーズに同機能を搭載予定とのことです。

聴感度に合わせて本来聞こえるべき音に補正

オンキヨー&パイオニアが開発した「Hearing Health」は、12の異なるポイントの周波数で左右それぞれの耳の聴感度を測定し、聞き取りづらい帯域は持ち上げ、感度の高い帯域は抑えることで、本来聞こえるべき音に補正する機能です。
 
人はそれぞれ異なる耳の聴感度を持っていますが、「Hearing Health」でそれぞれの聴感度に合わせた音に補正することで、不要に音量を上げなくてもクリアーかつ迫力のある音楽を楽しめるようになります。大音量で音楽を聞いてしまう人には難聴の予防にもなるそうです。
 
Hearing Health機能

Pioneer RAYZシリーズに搭載予定

「Hearing Health」は、Apple Storeなどでも販売中の「Pioneer RAYZシリーズ」に今後搭載を予定しているとのことです。
 
「Pioneer RAYZシリーズ」は、Lightning端子やUSB-C端子に接続し、音楽や通話を楽しめるノイズキャンセリング搭載イヤホンです。専用アプリの利用によって、音質設定やボタンの機能割当などの機能が利用可能となるほか、ファームウェアアップデートによって新機能を追加することも可能です。
 
「Pioneer RAYZシリーズ」のイヤフォンは、2017年に発売されたLightning端子搭載の「RAYZ」と「RAYZ Plus」、Lightning端子とUSB-C端子を搭載した「RAYZ Pro」の3種類があります。
 
Pioneer RAYZシリーズのイヤホン
 
 
Source:オンキヨー&パイオニア
Photo:Apple
(kotobaya)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる