watchOS 6で標準搭載アプリの削除が可能に


     
    今年の後半にリリースされるwatchOS 6で、Apple Watch標準搭載アプリが削除できるようになることがわかりました。

    Apple Watchユーザーにとっては朗報

    Apple Watchの標準搭載アプリには、「トランシーバー」「ストップウォッチ」「タイマー」「Radio」などが含まれますが、watchOS 6これらのアプリの削除が可能になります。
     
    標準搭載アプリが、サードパーティアプリと同様にApp Storeのリストに加えられていることが明らかになっており、TechCrunchは「これは削除できるということを意味する」としています。もちろん、削除したアプリの再インストールも可能です。
     
    しかしながら、すべての標準搭載アプリが削除可能となったわけではないようです。「心拍数」や「メッセージ」アプリは削除することができません。
     
    使用しない標準搭載アプリを削除できるようになることで、ストレージ容量に空きが出るため、Apple Watchユーザーにとっては朗報と言えるでしょう。
     
     
    Source:TechCrunch
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次