2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS13ではヘッドホンの音声を友人とシェアできる!

    iOS13 WWDC 19

    iOS13 WWDC 19
     
    iOS13の新機能は多く紹介されていますが、その中には細かくても嬉しい機能も多数含まれています。ヘッドホンで流れる音楽を他のイヤホンにも転送し、二人同時に音楽などを楽しむ機能もその一つです。

    AirPodsとPowerbeats Proに対応

    iOS13ではiPhoneやiPadにBluetoothで接続したヘッドホンに流れる音声を友人のヘッドホンにも流すことが可能になります。この機能を使うことで飛行機などでの移動中や長い行列に並んでいる最中に、友人と音楽や動画を周りに迷惑をかけずに一緒に楽しむ、そんな使い方ができるようになり、iPhoneがますます便利になりそうです。
     

     
    ただこの機能が使えるヘッドホンは限られそうです。現時点でAppleが対応するとしているのはAirPods(第1世代以降)PowerBeats Proの2機種のみです。またiOSデバイス側もiPhone8、X以降のiPhone、iPad Pro(12.9インチ(第2世代)より後に発売された機種)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPod touch(第7世代以降)の機種に限られます。
     
    さらにそれぞれのデバイスにiOS13がインストールされている必要があります。少し条件は厳しいですが、環境が整えば友人同士、恋人同士、家族同士で同じ音楽を別々のヘッドホンで聴けるようになります。

    Apple Music、Apple TV+の武器に

    ヘッドホンでの音楽・音声共有機能はiOSデバイスでの音楽の楽しみ方、動画コンテンツの楽しみ方を多様にします。iOSデバイスで多様な楽しみ方ができれば、Apple Musicや秋からサービスの始まるApple TV+の利用者獲得にもプラスになるはずです(当然ですが他社のアプリでもこの機能は使えます)。
     
    Apple スペシャルイベント 「It's show time」公式画像
     
    AppleはiOSデバイスとコンテンツ配信サービスの双方を手がけるメリットを活かし、今後も多くの改善を実施していくと予想されます。今回のヘッドホンでの音楽共有機能も小さな改善ではありますが、確実にiPhoneの使い勝手を向上させています。こうした小さな改善の積み重ねが、いつしか他の音楽、動画配信サービスと比較した際の優位性へと繋がっていくのでしょう。
     
     
    Source:9to5Mac
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次