トップページ > 最新情報 > ドイツ政府、iPhoneでパスポートと身分証明書の管理ができるようになると発表
2019年6月18日 15時09分

読了まで 155

ドイツ政府、iPhoneでパスポートと身分証明書の管理ができるようになると発表


 
ドイツの内務省(Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat)は、iOS13でアップデートされる「Core NFC」を用いて、iPhone上でパスポートと身分証明書の管理を可能にする、とホームページで発表しました。

2019年秋からサポート開始

ドイツ政府のアプリ「AusweisApp2」で、今年の秋からiPhone上でデジタル身分証明書(滞在許可証など)、電子ビザ、パスポートの電子コピーが使用できるようになります
 
ドイツ内務省は以下のように発表しています。
 

2019年6月7日、Appleは世界開発者会議(WWDC 19)において、NFCを開放することを発表しました。その結果として、2019年の秋から、iOS13で、身分証明書と電子滞在許可証がiPhone上で利用可能となります。

日本政府もマイナンバーの電子化を画策

日本政府も、iPhoneを用いたマイナンバーカードの電子化を計画していることがわかっています。
 
日本経済新聞によれば、iPhoneとマイナンバーカードだけで確定申告や、児童手当の申請などの手続きが可能になるとのことです。

使用できるのは最新のiPhoneのみか

米AppleInsiderによると、Core NFCの機能拡張に必要なハードウェアは、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの最新iPhoneモデルのみに埋め込まれているとのことで、旧iPhoneモデルで拡張されたNFCが利用できるかどうかは定かではありません。
 
 
Source:Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat via AppleInsider
Photo:Tim Reckmann/Flickr
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる