トップページ > 最新情報 > デジタルと現実が融合!?最新「ホットウィール」がAppleで先行販売
2019年6月18日 05時35分

読了まで 159

デジタルと現実が融合!?最新「ホットウィール」がAppleで先行販売

Hot-Wheels-id-Apple-App-and-Smart-Track-Kit
 
アメリカではミニカーの代名詞ともいえるほど人気の高いホットウィールから、目の前でミニカーを走らせるだけでなく、iOSアプリ内で仮想レースも楽しめるという次世代おもちゃ「Hot Wheels id」が発売されました。現在アメリカのApple Storeにおいて、先行販売が行われています

アプリ上にスピードやラップを表示

Hot Wheels id」は、NFC対応ミニカー、レースポータル、スマートトラック、専用アプリから構成されています。
 
遊ぶには、まずレースポータルでHot Wheels idカーをスキャンし、iOSアプリ「Hot Wheels® id」で読み込みます。組み立てたトラックの上でミニカーを走らせると、レースポータルのセンサーがスキャンした各ミニカーのスピードとラップを追跡、アプリ上に表示してくれます。またスピードや周回数をアプリに記録することもできます。
 
Hot-Wheels-id-Race-Portal

持っているトラックも活用できる

ホットウィール・コレクターにとってうれしいのは、すでに持っているホットウィールのトラックを、Hot Wheels idのトラックにつなげられることです。つまり今までに購入したトラックも活用可能です。
 
NFC対応のHot Wheels idミニカーは1台6.99ドル(約760円)、レースポータルは39.99ドル(約4,300円)、スマートトラックキット(NFC対応ミニカー2台、ポータルを含むトラックセット込み)は179.95ドル(約19,500円)となっています。対応ミニカーは現在7種類のみですが、年内には計51種類が発売される見通しです。
 
現時点ではApple StoreおよびAppleオンラインストアでのみの販売となっていますが、7月にはAndroid OSアプリもGoogle Playで公開される予定です。
 

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる