トップページ > 最新情報 > Appleはアカデミー賞を狙っている?毎年6本の映画作品の制作を計画
2019年6月17日 22時46分

読了まで 137

Appleはアカデミー賞を狙っている?毎年6本の映画作品の制作を計画


 
Appleは、動画サブスクリプションサービスApple TV+のため、年間6本の低予算映画作品の制作を計画している、とNew York Postが伝えています。

Appleは高名な監督にも声をかけている

Appleがオリジナルのコンテンツ制作に向けて動き出していることがわかっています。
 
Appleは、ひと作品あたり500万ドル〜3,000万ドル(約5億4,300万円〜32億5,600万円)の予算を用意しており、”高名な”監督や、その他の映像作家に声をかけているとされています。
 
New York Postが入手した情報によれば、Appleはアカデミー賞も視野に入れているとのことです。

Apple社内は困惑している?

具体的なコンテンツ制作に関しての契約はまだ結ばれていないようですが、Apple社内は困惑している、とハリウッドの関係者は語ります。
 
「(Apple社内は)不安に陥っており、いったい何をしたいのかわからずにいる。Apple従業員の半数はオリジナルコンテンツの制作に反対で、残りの半分は乗り気なようだ」
 
 
Source:New York Post via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる