70代のスマートフォン比率が5割を突破 モバイル社会研究所調べ

    70代のスマートフォン比率が5割を突破 モバイル社会研究所調べ

    70代のスマートフォン比率が5割を突破 モバイル社会研究所調べ
     
    モバイル社会研究所は、日本国内のスマートフォン、ケータイ所有者における「スマートフォン比率」の調査結果を発表しました。
     
    スマートフォン比率は年々増加しており、70代のスマートフォン比率は初めて5割を突破しています。

    2019年のスマートフォン比率は8割超

    モバイル社会研究所は、日本国内でスマートフォンもしくはケータイを所有している6,045人を対象にした「スマートフォン比率に関する調査」の結果を発表しました。
     
    スマートフォン、ケータイ所有者のうち、1台目もしくは2台目にスマートフォン所有と回答した人をスマートフォン所有者として算出した結果、2019年のスマートフォン比率は83.9%でした。
     
    スマートフォン比率
     
    スマートフォン比率は2010年の調査開始以来、右肩上がりとなっており、今回の調査で初めて8割を突破しています。

    70代のスマートフォン比率は5割を突破

    スマートフォン比率を性・年代別に分けた調査では、2019年の70代のスマートフォン比率が男性は56.2%、女性は53.4%で初めて50%を突破したことがわかりました。
     
    また15歳〜24歳までの若年層では、99%以上がケータイではなくスマートフォンを所有しています。
     
    スマートフォン比率は性別に関係なく増加しており、2018年の調査では男性74.2%、女性74.3%だったのに対して、2019年の調査では男性82.9%、女性85.0%となっています。
     
    スマートフォン比率:性・年代別
     
     
    Source:モバイル社会研究所(1),(2)
    Photo:photo AC-photoB
    (kotobaya)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2016年より専業Webライターとして活動。iPhone使用歴は11年以上。iPad、MacBook Pro、Apple Watch、AirPods Pro、AirTagなどApple製品を愛用。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次