iOS13で新たに導入された「Sign in with Apple」とは?


     
    Appleの世界開発者会議(WWDC 2019)で、最新iOSの「iOS13」が発表されましたが、新たに「Sign in with Apple」と名付けられたシングルサインオン(SSO)が追加されています。

    個人メールアドレスの共有なしでサインインが可能に

    シングルサインオンとは、一度のユーザー認証処理によって独立した複数のソフトウェアシステム上のリソースが利用可能になる機能で、システムごとにユーザーIDとパスワードを入力する手間を省いてくれます。
     
    GoogleやFacebookのシングルサインオンはWeb上でよく見かけられますが、Appleはプラシバシーに焦点を当てた新たなSSO「Sign in with Apple」を発表しました。
     

    WWDC 2019で登壇するAppleのクレイグ・フェデリギ氏


     
    GoogleやFacebookはサインインボタンをユーザープロファイリングのために使用していますが、Appleの新サービスは送信するデータを最小限に抑えるよう工夫されています。
     
    「Sign in with Apple」でサインインするとき、Appleにより発行されたランダムなアドレスが使用されることで、ユーザーは個人のメールアドレスを共有する必要がありません
     
    Appleがどのようにシステムをマネタイズしようとしているかは定かでありませんが、新たなSSOを打ち出すだけでもGoogleやFacebookにプレッシャーをかけることができるのではないか、と米The Vergeはコメントしています。
     
     
    Source:The Verge
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次