Windows向けiTunesは今後も継続へ

    macOS Catalina WWDC 19 Apple

    macOS Catalina WWDC 19 Apple
     
    Appleは現地時間6月3日、開発者会議(WWDC 19)の基調講演において、macOS CatalinaのリリースとともにiTunesを終了すると発表しましたが、Windows向けiTunesは当面存続するようです。

    Windows版は当面存続するとの回答

    次期OS、macOS Catalinaでは、iTunesアプリが「ミュージック」「Podcast」「Apple TV」の3アプリに分割されます。しかしBillboardのマイカ・シングルトン氏がAppleに問い合わせたところ、Windows版iTunesは存続するとの回答が得られたそうです。
     

    Appleの説明によれば、iTunesはWindowsでは現在の状態のまま存続し、macOS Catalinaでは「Finder」のサイドバー内から、iTunes Music Storeにアクセスできるようだ。

     

     
     
    Source:Windows Central
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次