トップページ > 最新情報 > 【自腹レビュー】cheeroのアルミ素材USB PD入出力モバイルバッテリー
2019年5月26日 23時51分

読了まで 351

【自腹レビュー】cheeroのアルミ素材USB PD入出力モバイルバッテリー

「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
発売されたばかりの、アルミ製モバイルバッテリー、「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」を購入して使ってみましたので、ご紹介します。

18Wの高速充電で入出力可能、メタリックなモバイルバッテリー

先日発売された「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」は、USB Power Delivery(PD)による最大18Wの高速充電と、メタリックグレーのアルミボディーが特徴のモバイルバッテリーです。
 
外箱の窓からメタリックグレーの本体が見えます。従来品よりも18%の小型化と、iPhone同梱の5V/1Aアダプタと比べて最大3.6倍高速の充電もアピールされています。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
バッテリー本体と、USB Type-C(USB-C)ケーブル、取扱説明書が入っています。バッテリーを充電するにはUSB PD対応の電源アダプタを別途用意する必要があります。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 

表面の質感はMacBook Proのスペースグレーと近い

iPhone XS Max(スペースグレー)と並べてみました。縦98mm x 幅46mm x 厚さ24mmとコンパクトです。重量は205gで、iPhone XS Max(208g)とほぼ同等です。手に持つと、やや重みを感じます。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
メタリックグレー仕上げのアルミ素材は、MacBook Proのスペースグレーと近い落ち着いた質感で、高級感があります。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
バッテリー残量を点灯するLEDランプの数で表現するモバイルバッテリーが多いですが、筆者としては、具体的な数字で表示できる方が、なんだか安心感があります。
 
少しレトロな感じのオレンジの数字は、本体側面のボタンを押すと数秒間点灯します。
 
なお、cheeroのモバイルバッテリーとしては、バッテリー残量を数字で表示するモデルはこの製品が初めてだそうです。

USB PDの入力をチェック、30分でどこまで充電できる?

入出力端子は、最大18Wでの入出力用のUSB PD端子と、最大2.4A出力のUSB-A端子が並んでいます。2端子の最大出力は合計18Wです。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
大容量になると、モバイルバッテリーへの充電に時間がかかりますが、USB PDによる高速充電のスピードをチェックしてみました。
 
バッテリー残量58%の状態から、Anker PowerPort Atom PD 1を使って、30分間でどこまで充電できるかをテストします。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
30分後、79%まで充電できていました。10,000mAhという大容量を考えると、実用的な充電速度だと思います。
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
ちなみに、充電中はバッテリー残量表示の数字が点滅を続けます。iPhoneなどへの給電時は、最初の2〜3秒だけ点滅します。

バッテリー残量40%のiPhone XS Maxをどこまで充電できる?

iPhone XS Maxのバッテリーを30分間でどこまで充電できるかもテストしました。
 
Anker PowerPort Atom PD 1のレビュー時のテストと同じく、バッテリー残量40%から30分間、充電します。充電中のiPhoneは画面をロックし、機内モードにはせずに測定しています。iPhoneとの接続には、AppleのUSB-C – Lightningケーブル(1m)を使用しました。
 
メインのUSB PD端子と、最大2.4A出力のUSB-A端子、参考にiPhone同梱の5W電源アダプタで測定した結果は以下のとおりです。
 

  • USB PD端子:40% → 76%
  • USB-A端子:40% → 69%
  • 5Wアダプタ:40% → 56%

 
USB PD端子の速さが際立っていますが、USB-A端子もなかなかの速さです。

MacBook Proにも充電できる?

ついでに、標準では61Wのアダプタを使用する13インチMacBook Pro(2017年モデル)にも充電を試みました
 
USB-Cケーブルで接続すると、充電開始のサウンドが鳴り、バッテリーマークが充電中マークに変わりました。
 
システム情報で確認すると、18Wで給電されています。SafariとPagesを使っている状態で、バッテリー残量の数字はじわじわと増えていました。
 
「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 レビュー
 
MacBook Proへの充電は(当然ながら)速いとは言えませんが、外出先でMacの充電がない!という時に、延命措置として使うことはできそうです。

まとめ:入出力とも高速、メタリックな素材も魅力的。でも少し重い

モバイルバッテリーを持って外出する前に、バッテリー残量が少ないのに気付いて焦った経験のある筆者にとって、高速充電ができ、バッテリー容量を数字で確認できるのは魅力的です。
 
この性能と質感なら、通常価格の3,480円(税込)は納得のいくコストパフォーマンスではないかと感じます。
 
メタリックグレーのアルミ素材は高級感があり、所有する満足度が高いのですが、同じくPD18W対応の「cheero DANBOARD 10050mAh PD18W」(185g)などと比べると、少し重く感じます。
 
【ここが良い!】
・メタリックグレーのアルミ素材が好きな方にはオススメ
・バッテリー残量を数字で確認できる安心感
・入出力ともに18Wの高速充電
・3,480円なら納得のコスパ
 

【ここは残念!】
・重量205gは、少し重く感じられる
 
 
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる