2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    トランプ米大統領、対中国の輸入関税を25%へと近く引き上げか〜Apple製品も影響?


     
    トランプ米大統領は、中国から輸入される製品への関税を10%から25%へと引き上げることを発表しました。関税引き上げは現地時間の5月10日に行われる見込みです。

    Apple製品はもはや対象外ではない

    Appleは中国製の製品に対してかけられる関税率が25%を超えない限り生産拠点を中国から移さない、と昨年12月にBloombergが報じましたが、ついにその境界線に近く達する見通しです。
     
    これまで中国から輸入される製品の多くに10%の関税がかけられており、25%の関税は500億ドル(約5.5兆円)相当の一部の製品にのみに課されていました。Apple製品はこれまで課税から除外されていましたが、ついに一律で25%の課税が発表され、Apple製品にも輸入関税がかけられる可能性が浮上しました。
     

    この10カ月間、中国はアメリカに500億ドル相当のハイテク製品に25%の関税、2,000億ドル(約22兆円)相当のその他の製品に10%の関税を支払ってきた。これらの収入は我々の素晴らしい経済実績に一部貢献している。金曜日に10%から25%に引き上げられる。

     


     

    3,250億ドル(約35.78兆円)相当の中国から輸入される製品はこれまで非課税となっていたが、これらにもすぐに25%の関税が課されることになる。アメリカが徴収する関税の製品コストへの影響はほとんどない。多くは中国の負担となる。中国との貿易交渉は続いているが、時間がかかりすぎている。中国は再交渉しようとしているようだが、そうはいかない!

     


     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:The White House/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次