5G通信対応のiPadは2021年登場? iPhoneの5Gモデルより1年遅れか

    iPad Pro Apple 公式

    iPad Pro Apple 公式
     
    Appleは5G通信に対応させたiPhoneを2020年にも発売すると予測されています。そしてiPhoneの5G通信対応から1年遅れて、iPadも5G通信に対応するとの予想が出ています。大容量コンテンツを楽しむことの多いiPadが5G通信に対応すれば、さらにiPadの可能性は広がりますが、それにはまだ少し時間が必要なのかもしれません。

    2020年モデルで改良実施

    Apple関連の予測で有名なアナリストであるミンチー・クオ氏は2020年モデルのiPadには「LCP Soft Board」が採用されると予測しています。LCP Soft Boardの採用によりiPadの通信アンテナが性能向上する見通しで、2020年モデルのiPadは通信機能が改良される見込みです。
     

     
    2020年に実施される改良は5G対応への第一歩と捉えられており、2021年モデルで5G通信に対応する可能性が浮上しています。iPhoneは2020年に発表されるモデルから5G通信に対応する見込みで、iPadがそれに続いて対応するのは自然な流れかもしれません。

    セルラー通信でも大容量コンテンツ

    iPadが5G通信に対応すれば、Wi-Fi環境のない場所でも大容量コンテンツを楽しむことが可能になります。高画質の映像コンテンツ、大容量ゲームのダウンロード、低い遅延を活かしたオンラインゲーム、高音質の音楽ストリーミング配信など、これまでのセルラー通信では非現実的だった遊び方、楽しみ方が5G通信対応で可能になります。
     

     
    現在の一般的なiPadの通信料金体系で5G通信を使った高速大容量通信を使えば料金は高額になります。最近になって一部で値下げへと進み始めた携帯電話の通信料金ですが、数年後には5G通信に合わせて料金全体の再設計も必要になるのではないでしょうか。
     
     
    Source:iPhone Hacks
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次