トップページ > iPhone XR > 米国で2019年第1四半期に最も売れたiPhoneはiPhone XR
2019年4月25日 13時23分

読了まで 156

米国で2019年第1四半期に最も売れたiPhoneはiPhone XR

Apple iPhone XR
 
調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)の調査から、2019年第1四半期(1−3月)に米国で最も売れたiPhoneのモデルはiPhone XRだったことがわかりました。

iPhone XRのシェアは38%

CIRPによると、第1四半期に米国で販売されたiPhoneの59%を、iPhone XS/XS Max/XRが占めました。中でも最も売れ行きがよかったのがiPhone XRで、シェアは38%となっています。
 
iPhone XRは2018年第4四半期(10−12月)においても最も売れたモデルであり、2四半期続けて売上台数シェア首位を維持しています。
 
米国においては1年前の2018年第1四半期も、当時の最新モデルの売上がiPhone全体の約60%を占めていました(前述したように今年は59%)。しかし今年はほかの2モデルよりも安価なiPhone XRの売上がもっともよかったことから、CIRPはiPhoneの平均販売価格(ASP)は1年前より下がり、約800ドルになったと見積もっています。
 

AppleCare加入者はわずか3%

CIRPはAppleのサービスについても調査データを公開しています。米国で2019年第1四半期にiPhoneを購入した人のうち、有料でiCloudストレージを利用しているのは48%、Apple Music利用者は21%、iTunesで楽曲を購入している人は13%でしたが、AppleCareの加入者はたった3%でした。
 

 
今回のデータはCIRPが2019年1−3月に、Apple製品を購入した米消費者500人を対象として実施した調査結果をまとめたものです。

 
 
Source:CIRP via 9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる