トップページ > 最新情報 > サーファーの男性が失くしたApple Watch、6カ月後にビーチで見つかり動作が確認
2019年4月25日 05時26分

読了まで 21

サーファーの男性が失くしたApple Watch、6カ月後にビーチで見つかり動作が確認

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
米カリフォルニア州ハンティントンビーチでサーフィンをしていた男性は、ある日大きな波に乗った際にApple Watchを海の中で失くしてしまいました。それから6カ月後、失くした場所から3マイル(約4.8キロ)北のビーチで男性のApple Watchが発見され、無事動作が確認されたとのことです。

大波に乗ったときに失くしてしまったApple Watch

ロバート・ベインター氏は、サーフィンのトレースや速度を見たり、ビーチのどこにいるかを確認するのにApple Watchを愛用していましたが、ある日大きな波に乗ったとき、気がつくと腕にしていたApple Watchが失くなっていました
 
ベインター氏は「iPhoneを探す」機能の「すべてのデバイス」を選択し、Apple Watchを探し出そうとしましたが、どうしても見つかりませんでした。

ビーチで貝を探していた男性がApple Watchを発見

しかしながらその6カ月後、ある男性からベインター氏のもとに連絡が入ります。貝をビーチで探していた男性がベインター氏のApple Watchを発見し、コンタクトしてきたのです。
 
すでに代わりのApple Watchを購入していたベインター氏でしたが、失くしたApple Watchの動作確認を行ったところ、ディスプレイが若干曇っている以外は問題なく機能しており、すべての情報、アプリがそのままであることがわかりました。
 
それ以来、ベインター氏は戻ってきたApple Watchを一種のお守りとして大切に使っているそうです。
 

Apple Watchを無事取り戻したロバート・ベインター氏/KTLA


 
「私は大のAppleファンだ」と、同氏はコメントしています。
 
 
Source:KTLA via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報, Apple Watch  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる