Apple、動画サブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表


     
    Appleは現地時間3月25日、独自のコンテンツを含むさまざまなテレビ番組、映画、ドキュメンタリーが視聴可能なビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表しました。
     
    独自コンテンツ制作には、スティーブン・スピルバーグを始め、米有名司会者のオプラ・ウィンフリー、女優のリース・ウィザースプーンなど、ハリウッドの大物たちが参画しており、スペシャルイベントではこれら大物スターたちが登壇、発表を行いました。

    ハリウッドスターらが参画した独自コンテンツ


     
    今年秋よりスタートするサブスクリプションサービス「Apple TV+」で提供される独自コンテンツとしては、スティーブン・スピルバーグ監督による「世にも不思議なアメージング・ストーリー」のリメイク版、リース・ウィザースプーン、ジェニファー・アニストン、スティーブ・カレルによる「The Morning Show」、ジェイソン・モモア主演のファンタジー「See」、クメイル・ナンジアニとエミリー・ゴードン主演の移民をテーマにしたドラマ「Little America」、セサミストリートで知られるセサミ・ワークショップとの提携による子供向けプログラミング番組、JJエイブラムスとサラ・バレリスによるコメディ・ドラマ「Little Voices」、オプラ・ウィンフリーによる2つのドキュメンタリー番組が紹介されました。
     
    ただし新Apple TV+の料金についてはイベントでは発表されませんでした。
     

    5月に公開「Apple TVチャンネル」

    Appleはイベントにおいて、Apple TVアプリの一新と、5月に公開される「Apple TVチャンネル」についても発表しました。新Apple TVアプリでは、iPhone、iPad、Apple TVにおいて、アプリひとつでさまざまな動画を見ることができます。
     
    また上記のデバイスに加え、秋からはMacでもApple TVアプリが利用可能になるほか、春からはAirPlay 2対応のスマートTV(まずSamsung、追ってソニー、LG、Vizioも)、そしてストリーミングデバイス(Roku、AmazonのFire TV)でも同アプリが利用可能となります。
     
    Apple TVチャンネルでは、HBO、Starz、SHOWTIME、CBS All Access、Smithsonianチャンネル、EPIX、Tastemade、Nogginなどのチャンネルを登録、視聴可能です。登録さえすれば、追加のアカウント登録やパスワード入力は不要です。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次