トップページ > 最新情報 > マクセル、Appleを10件の特許侵害で訴える
2019年3月17日 00時08分

読了まで 29

マクセル、Appleを10件の特許侵害で訴える

マクセル Apple
 
記録メディアや電池などの製品で知られる日本企業のマクセルが、10件の特許を侵害されたとしてAppleを提訴しました。マクセルは、Appleと数年間にわたり協議を重ねましたが合意に至らず、提訴に踏み切ったと説明しています。

Appleが10の特許を侵害とマクセル

マクセルは現地時間3月15日、テキサス州東部を管轄する裁判所でAppleを相手取った訴訟を起こしました。
 
マクセルは、以下10件の特許を侵害されたと主張しており、中には旧親会社の日立から継承したものも含まれます。
 

  • 徒歩でのナビゲーションや「友達を探す」などAppleのマップ機能に関連した技術(特許番号6,748,317、6,580,999、6,430,498)
  • Appleのカメラデザイン(特許番号8,339,493)
  • AirDropなどのワイヤレス通信(特許番号7,116,438)
  • 携帯電話の電波テクノロジー(特許番号6,408,193)
  • 呼び出し音(特許番号)
  • 消費電力管理技術(特許番号)
  • デバイスを使った他デバイスのロック解除(特許番号)
  • FaceTimeビデオ通話やiTunesのビデオ機能による特許侵害(特許番号10,084,991)

 
マクセルは訴状で「Appleは少なくとも2013年6月にはマクセルの特許を侵害していることを認識しており、特許侵害をめぐり数多くの協議が行われた」と説明しています。

「Appleは2013年には特許侵害を認識」

訴状では、2018年までに発売されたiPhone、iPad、Macのモデルについて言及されており、中でも特許侵害の例として、iPhone XSの名前が何度も挙げられています。
 
マクセルは、陪審員裁判、損害賠償、予備的差止め命令、終局的差止め命令を求めています。

 
米メディアAppleInsiderはこれまでの例から、「Appleは提訴の取り下げか示談による和解を目指すだろう」と推測しています。
 
マクセルによる訴状は、こちらからから読むことができます。
 


 
 
Source:AppleInsider
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる