2019年3月9日 17時59分

読了まで 142

Apple Watchでまた1つの命が救われた〜ユーザーの心拍数の異常を検知


 
Watchがユーザーの心拍数の異常を検知し、病院で診断を受けた結果、頻脈の状態になっていることが明らかになりました。

病院のモニタリング機器とApple Watchの心拍数表示は常に一致していた

Twitterユーザーのアイラ・フラトー氏(@iraflatow)の弟がを着用していたところ、毎分200回(200bpm)の心拍数が検知され、病院に行くよう警告を受けたとのことです。病院で診断を受けた結果、頻脈の状態であることがわかりました
 


 
またフラトー氏は続きのコメントも投稿しており、「弟が病院にいた15時間の間、病院のモニタリング機器とApple Watchの心拍数表示が一致していないときは一度もなかった」と語っています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる