トップページ > 最新情報 > ワシントンD.C.の歴史ある図書館のApple Storeへの改装、4月に完成か
2019年3月5日 18時02分

読了まで 21

ワシントンD.C.の歴史ある図書館のApple Storeへの改装、4月に完成か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
米ワシントンD.C.にある歴史的な図書館Carnegie LibraryのApple Storeへの改装が4月にも完成予定である、とWashington Business Journalが伝えています。

広大な店舗は今春末にオープン予定

19,000平方フィート(約1,765平方メートル)のAppleのワシントンD.C.旗艦店は、2019年の春の終わりのオープンが予定されています。
 
Appleは10年間の借地契約を結んでおり、今後2年から5年をかけて増築するオプションもあるとされています。
 

Carnegie Library

アーレンツ氏の退社の影響はあるのか

Carnegie LibraryのAppleのフラッグシップストアは、ニューヨーク、ロンドン、サンフランシスコの店舗と同様に文化、教育のためのスペースとなる見込みで、人々が集まる場所となるでしょう。
 
小売部門を率いてきたアンジェラ・アーレンツ氏の退社がワシントンD.C.の新店舗の建設にどのような影響を与えるかは定かでないといわれています。アーレンツ氏はApple Storeを”街の広場”にすることを掲げており、5年間にわたって様々な旗艦店の展開に関わってきました。
 
AppleのCarnegie Library店は、すでに存在しているワシントンD.C.内のジョージタウン店に加わることになります。
 

Apple Georgetown


 
 
Source:Washington Business Journal via AppleInsider
Photo:BotMultichillT/Wikimedia Commons
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる