2019年2月28日 12時45分

読了まで 214

【動画】Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」でゲームをプレイすると?

Huawei Mate X


 
広く予想されていたとおり、2019年は「折りたたみスマートフォン」の年となりそうです。スマートフォン市場でシェア1位のSamsungと2位のは先日、相次いで折りたたみが可能なスマートフォンを発表しました。しかし、一体どのような用途が予想されているのでしょうか。

シームレスな画面が特長

折りたたみスマートフォンの可能性を考えるうえで、2月28日までスペイン・バルセロナで開催されているMobile World Congress(MWC)にて公開された、Huawei Mate Xの実機デモは大いに参考となりそうです。
 
YouTubeに公開された30秒ほどの動画では、ディスプレイを広げることで、画面上に表示されるゲームのフィールドが一気に倍増している様子が確認できます。ヒンジで繋がっているパネル同士の境目も動画では分かりません。
 

 
もともと両手で操作するタイプの横画面型ゲームであれば、上下にディスプレイを展開しても横幅は変わりません。操作感はそのままで視野が広がるのがポイントです。

どれだけアプリが対応するかが鍵

Mate Xは広げた状態で、高さが161.3センチ、幅が146.2センチです。 mini4が高さ203.2センチ、幅134.8センチなので、iPad mini4と比較して高さが約20%狭くなり、幅が約8%広がった計算です。
 
Huawei Mate X
 
ちなみに、 XS Maxが高さ157.5センチ、幅77.4センチですから、横画面ゲームの場合、ほぼスマートフォンと同じような感覚でプレイできるというのは、先述したように大きな利点となります。
 
しかし、ここで問題になってくるのはアスペクト比でしょう。通常モードは19.5:9ですが、パネルを広げた場合は8:7.1(2,480×2,200ピクセル)となります。
 
そうなると、パネルを折りたたんだ場合と広げた場合の表示切り替えのみならず、このアスペクト比に対応しているかもアプリ開発の鍵となりそうで、アプリが対応していない場合は、せっかくの巨大ディスプレイを活かしきれないケースも出てくることが考えられます。
 
したがって、業界全体が動意づいて折りたたみスマートフォンに大きく舵を切るまで、ひとまずデベロッパーも様子見といったところでしょうか。
 
 
Source:YouTube via Twitter-Ben Geskin
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる