トップページ > 最新情報 > この19年間のブランドランキングの激変ぶりが興味深いと話題
2019年2月25日 08時27分

読了まで 211

この19年間のブランドランキングの激変ぶりが興味深いと話題

Apple 新宿 ロゴ
 
Appleは近年「最も価値あるブランド」ランキングで1位の常連となっていますが、その躍進ぶりを示す動画が興味深いと話題になっています。

Appleの急激な躍進に注目

Interbrandによる「最も価値あるブランド(Best Global Brands Report)」ランキングで、Appleは2013年から2018年までの6年連続でトップに立っています
 
2000年から2018年までのランキング上位15ブランドの変遷をまとめた約1分間の動画を、 ソーシャルメディアコンサルタントのマット・ナバラ氏がTwitterに公開しました。
 
このツイートや、このツイートのリツイートは、多くのリツイート、と「いいね」を獲得して話題となっています。
 


 

iPhone発売の2007年にはランキング圏外だったApple

2000年当時、ランキングトップ5の顔ぶれは以下の5ブランドでした。この当時、Appleはトップ15にも入っていません。
 

  1. Coca Cola
  2. Microsoft
  3. IBM
  4. Intel
  5. Nokia

 
iPhoneが発売された2007年でもAppleはランクインしていません。この時期、急激に存在感を増しているのがGoogleです。
 
ブランドランキング @MattNavarra
 
Appleは、iPhone4sが発売された2011年にランキングに初登場します。奇しくも、この年は共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった年でもあります。
 
ブランドランキング @MattNavarra
 
Appleは急激な勢いでランキングを駆け上がり、2013年には初登場の2年で、長年トップに立ち続けたCoca Colaを抜き去り、トップの座に君臨し続けています。
 
ブランドランキング @MattNavarra
 
 
Source:Twitter/@MattNavarra via 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる