トップページ > 最新情報 > 最も利用率が高いSNSは「Twitter」 MMD研究所調べ
2019年1月30日 11時57分

読了まで 221

最も利用率が高いSNSは「Twitter」 MMD研究所調べ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

SNSアイコン
 
MMD研究所が「2018年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」の結果を公表しました。2018年に最も利用されていたアプリのジャンルは「SNS」で、その中でも利用率が一番高かったのは「Twitter」でした。

人気SNSはTwitter

本調査は、2018年12月27日〜12月28日の期間で、20〜69歳の男女557人を対象にインターネット上で実施されました。
 
スマートフォンアプリの中でも特に人気のあるSNS。対象者に、現在利用しているSNSサービスについて聞いたところ、最も多かったのはTwitter(41.3%)、次いで「Facebook(37.2%)」、Instagram(32.1%)でした。
 
2014年の調査時と比べて、各サービスの利用率はFacebookが減少傾向、Twitterはほぼ横ばい、Instagramは増加傾向にあります。
 
SNSの利用率
 
各サービスの利用状況を年代別で見ると、利用率が高かったのは、Facebookが20代と60代、Twitterは20代と40代、Instagramは20代と30代でした。今回より新たに調査対象となったTikTokは全体の5.4%が利用しており、最も利用率が高かったのは20代でした。
 
Facebookの利用状況
Twitterの利用状況
Instagramの利用状況
TikTokの利用状況

スマートフォンで音楽を聴く人は増えている

対象者に、スマートフォンで音楽を聴くかを聞いたところ、64.8%が「聴く」と回答しました。2017年12月時点と比べて5.8ポイント増加しています。
 
スマートフォンで音楽を聴くか
 
スマートフォンで音楽を聴くと回答した361人に、どのような手段で音楽を再生しているかを複数回答方式で聞いたところ、53.5%が「YouTubeなどの音楽サイトで音楽を聴いている」、42.1%が「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」、31.6%が「iTunes Storeから購入して聴いている」でした。
 
スマートフォンでの音楽利用状況
 
Apple MusicやSpotifyといった定額制音楽配信サービスの利用率は、2017年12月時点と比べて増加しているものの、全体的には依然低いことがわかります。

2018年に最も利用したアプリのジャンルは「SNS」

2018年下半期で最も利用したアプリのジャンルを聞いたところ、SNSが13.3%、天気が12.9%、ゲームが12.0%でした。
 
2018年下半期に最も利用したアプリのジャンル
 
2017年12月の調査と比較すると、SNSは1.6ポイント減、天気は3.9ポイント増、ニュースは2.5ポイント増となっています。
 
アプリの利用率推移
 
 
Source:MMD研究所
Photo:pixabay-LoboStudioHamburg
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる