トップページ > 最新情報 > Google Mapsに法定速度やスピードカメラの位置を表示する機能が追加
2019年1月20日 13時32分

読了まで 144

Google Mapsに法定速度やスピードカメラの位置を表示する機能が追加

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Google MapsiOSおよびAndroidアプリに、法定速度やオービスのようなスピードカメラの設置場所を表示する機能が追加されました。現時点ではまだ範囲が限られていますが、今後世界各地で利用可能になると思われます。

まずアメリカ、イギリス、デンマークで導入

カーナビマップでは以前から法定速度が表示されますが、iOSやAndroid向けGoogle Mapsアプリには、表示機能はありませんでした。
 
Googleは2016年にサンフランシスコ湾周辺、およびブラジル・リオデジャネイロのマップで同機能を導入したものの、その後なかなか広範囲の展開には至りませんでした。それがついに今月半ばにニューヨーク、ロサンゼルスのマップに法定速度が表示されるようになりました。
 
米メディアMashableによれば、近くアメリカ、イギリス、デンマークの全土のGoogle Mapsに、法定速度表示機能が追加される模様です。

スピードカメラの位置も表示

iOSおよびAndroid向けGoogle Mapsアプリにはまた、スピードカメラの設置位置も表示されるようなります。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ロシア、ブラジル、メキシコ、カナダ、インド、インドネシアでまずこの新機能が利用可能になるとのことです。

 
 
Source:Mashable via 9to5Google
Photo:Android Police
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる