トップページ > 最新情報 > ジープで事故に遭った男性、Siriに救われる
2019年1月13日 23時33分

読了まで 156

ジープで事故に遭った男性、Siriに救われる


 
米ネバダ州の男性がジープを運転していたところ、誤って乾いた湖底に突っ込んでしまい、非常に危険な状態に置かれましたが、Siriによって救助を要請することができたと報じられています。

まったく動くことができなかった

ネバダ州パーランプで、ジープを運転していたネイト・フェリックス氏は、乾いた湖底に突っ込んでしまいました。
 
車はひっくり返り、フェリックス氏は身動きが取れなくなってしまいます。車から抜け出そうとしましたが、痛みで動くことができませんでした。
 
「はい出てこようと思ったが、身体全体の80%くらいが麻痺しており、頭を上げることさえできなかった」と、フェリックス氏は語ります。

必死で「ヘイ、Siri!」と叫んだフェリックス氏

愛犬が隣にいて温めてくれましたが、夜を越すことはできないだろうとフェリックス氏は悟り、スマホに助けを求めることにしました。
 
「だから叫んだ。”ヘイ、Siri!”って。”〜に電話して”、”〜に電話して”と考えつく人に片っ端から電話をかけた」と、フェリックス氏は述べました。
 
「誰も電話に出なくて、”つながりません”が続いたとき、緊急電話(911)にかけてくれるよう頼んだ」
 
フェリックス氏は、危機的な状況にあったとき、10歳の娘のことが頭から離れませんでした。
 
「娘がいるんだ。不幸にもがんで母親をなくしてしまったんだ。おれは帰らないといけない」
 
駆けつけた救急隊員は、スプレッダを用いてジープのドアをこじ開け、フェリックス氏を助け出しました。同氏はその後4日間病院で過ごしました。
 
現在は車いす状態のフェリックス氏ですが、日々回復を目指してリバビリに励んでいるようです。
 
 
Source:KSNV via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる