トップページ > 最新情報 > Apple、プレミアム価格スマートフォン市場で高いシェアを獲得
2019年1月2日 09時29分

読了まで 212

Apple、プレミアム価格スマートフォン市場で高いシェアを獲得


 
iPhoneは、2018年第3四半期(7-9月)にハイエンドスマートフォン市場で47%のシェアを占めたことがCounterpoint Researchの調査で明らかになりました。

Appleは世界シェアのほぼ半分を占める

2018年第3四半期、スマートフォン市場は対前年同期比で世界的に5%縮小したといわれていますが、デバイス販売価格が400ドル(約43,870円)以上のプレミアム価格市場は19%成長したことがわかっています。
 
Appleはハイエンドスマホ市場で47%という大きなシェアを獲得しており、Samsungが22%、Huaweiが12%、Vivoが5%、Oppoが同じく5%、Xiaomiが3%で続いています。
 
2018年第2四半期(4-6月)のプレミアム価格スマホ市場でのAppleのシェアが43%だったのに対し、さらに勢力を拡大していることになります。

40社がハイエンド機を販売

400ドル以上のプレミアム価格スマートフォンを販売するのは40社ほどあるといわれていますが、そのうちトップ5のベンダーが89%のシェアを占めています。
 
プレミアム価格スマートフォンの46%を占める400ドル〜600ドル(約43,870円〜65,770円)の”お手頃”なハイエンド機部門の中では、Samsungが25%でトップとなり、Appleが21%、Huaweiが17%で続いています。
 
600ドル〜800ドル(約65,770円〜87,700円)の部門では、Appleが圧巻の61%のシェアに到達しており、Samsungは21%にとどまっています。800ドル(約87,700円)以上の部門では、Appleはシェアの79%を占めています。
 

日本、アメリカ、中国などで強いApple

iPhoneは、アメリカ、日本、中国、韓国や西ヨーロッパの国々での売上に支えられていることがわかっています。
 
地域ごとにプレミアム価格スマートフォンの出荷台数を見ると、北アメリカ、中東、アフリカ、西ヨーロッパ、中国、アジア太平洋でAppleがトップとなっており、南アメリカ、中央・東ヨーロッパではSamsungに次いで2位の座についています。インドでは、OnePlusとSamsungに越され、Appleは3位にとどまりました。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる