トップページ > iPhone XS Max > iPhone XS Maxがポケットの中で爆発
2018年12月31日 10時21分

読了まで 212

iPhone XS Maxがポケットの中で爆発


 
米オハイオ州コロンブスのジョシュ・ヒラード氏が所有していたiPhone XS Maxが、ポケットの中で爆発したと報じられています。

緑と黄色の煙がiPhoneから立ち上った

報道によれば、現地時間の2018年12月12日の15時頃iPhone XS Maxが、ヒラード氏のポケットの中で発火したとのことです。
 
昼食休憩時に、ポケットに入れたスマートフォンから変なにおいがしているのに気づいたヒラード氏は、「かなりの熱さ」を感じたと語ります。
 
そのすぐ直後、緑と黄色の煙がiPhoneから出てきた、とヒラード氏は述べています。
 

 

 

 
「(iPhoneから煙が出てきたとき)休憩室には女性社員がいたため、会議室へと急いで移動し、靴と履いていたズボンを脱いだ。叫び声を聞いた副社長が、消火器で火を消してくれた」

Apple Storeでの対応は冷ややかだった?

iPhone XS Maxが爆発したその日の夕方、ヒラード氏はデバイスの残片を持ってApple Storeを訪れました。
 
従業員に爆発事件の一部始終を話すと、エンジニアリングチームにデバイスを送らなければならないとの答えが返ってきました。マネージャーによれば、それがデバイスを新品と交換してもらえる唯一の方法とのことでした。
 
iPhoneの発火により焼け焦げた衣服の補償について尋ねると、デバイスをチームに送るまでは判断ができないと言われました。

Apple Careに電話

爆発したデバイスを持ち帰り、Apple Careに電話したヒラード氏は、安全部門のシニア・スペシャリストに回されました。
 
爆発したデバイスと、損傷した衣服、けがの写真を撮って送るよう指示を受けたヒラード氏でしたが、臀部に受けた軽いやけどについては、プライバシー上画像の送付を控えたい、と回答しました。
 
ダメージを受けたデバイスと衣服の画像をAppleに送ったヒラード氏ですが、結局新品デバイスへの交換オファーのみを受けました。
 
ヒラード氏は、デバイスの補償のみでなく、事故で損傷した衣服や靴、そしてAppleと交渉している間使用できなかったモバイルサービスのコストの埋め合わせを要求しており、訴訟の準備を進めているとのことです。
 
 
Source:iDrop News
(lexi)

カテゴリ : iPhone XS Max, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる