トップページ > 最新情報 > Apple、2018年上半期の透明性レポートを公開
2018年12月21日 08時10分

読了まで 144

Apple、2018年上半期の透明性レポートを公開


 
Transparency Report(透明性レポート)とは、テック企業が政府の捜査機関から受けた情報開示の請求についてまとめたものですが、Appleは最新の報告書をWebページとして公開しました。

前期と比べ若干増えた情報開示請求の数

Appleはこれまで透明性レポートはPDFファイルで公開していましたが、2018年上半期(1〜6月)の最新の報告書はWeb上でまとめられています。
 
TechCrunchがAppleの透明性レポートのWebページを参照したところ、Appleが政府機関から受けた情報開示請求の数は32,342回にのぼり、前期から約9%増となったことがわかりました。なお、情報開示が請求されたデバイスの数は163,823台でした。
 
各国の中で最も多くの情報開示請求を行ったのはドイツで、13,704回、26,160台のデバイスデータへのアクセスを要求したとのことです。Appleによれば、盗難デバイスの調査が最も多かった情報開示請求の理由だったことがわかっています。
 
2番目に多く情報開示請求を行ったのはアメリカで、4,570回、14,911台のデバイスデータへのアクセスを要求したとされています。
 
ちなみに日本政府が行ったAppleへの情報開示請求の数は446回で、914台のデバイスが対象となりました。
 
 
Source:Apple via TechCrunch, 9to5Mac
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる