2018年12月20日 13時17分

読了まで 158

App Storeでのアプリ内課金で手に入れたコンテンツのギフト化が近く実現か


 
は現地時間の19日、のガイドラインを更新し、内課金で手に入れたコンテンツ、機能、消耗アイテムなどをギフトとして取り扱うことができるようになる可能性が浮上しました。

日本語のガイドラインはまだ変更なし

App Storeの日本語ガイドラインの「3.1.1 App内課金」の5項目には、以下のように記されています:
 

App内課金で手に入れたコンテンツ、機能、消耗アイテムを直接的または間接的に他のユーザーに譲渡できるようにすることはできません。

 
しかしながら、英語版ではすでに以下のように変更されています:
 

Apps may enable gifting of items that are eligible for in-app purchase to others. Such gifts may only be refunded to the original purchaser and may not be exchanged.
 
アプリは、アプリ内課金で手に入れることができるアイテムのギフト化を有効にすることができます。ギフトはオリジナルの購入者にのみ返金可能で、交換することはできません。

今のところギフト機能を活用するアプリは見当たらない

AppleInsiderによれば、現時点ではアプリ内課金による手に入れることができるコンテンツ、機能、消耗アイテムのギフト化を行っているアプリは存在しないとのことです。
 
クリスマスまでには同機能がアクティブになれば、ギフト化機能を使用し始めるアプリも出てくるかもしれませんが、App Storeへのアプリの提出は太平洋時間の12月23日〜27日まで中断されるため、ホリデーシーズンには間に合わないと予測されています。
 
 
Source:Apple [1], [2] via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる