トップページ > 最新情報 > Microsoft、「Edge」に代わる新たなブラウザを開発か
2018年12月5日 09時58分

読了まで 156

Microsoft、「Edge」に代わる新たなブラウザを開発か

Microsoft
Microsoftは同社のWebブラウザ「Edge」の開発を諦め、代わりにGoogle Chromeにも搭載されているレンダリングエンジンChromiumを使ったブラウザを開発中のようだ、とWindows Centralが報じています。

リリース以来、低迷するシェア

2015年にマイクロソフトがリリースしたブラウザ「Edge」はWindows10の標準ブラウザでもあります。
 
他のブラウザと比べて、消費メモリが少なくCPU使用率を抑えられるといったメリットがありますが、リリース以来、そのシェアは低迷しています。2018年11月時点でのブラウザシェアは、Google Chromeが63.6%であるのに対して、Edgeは4.3%ほどしかありません(Net MarketShare調べ
 
2018年11月時点のWebブラウザシェアランキング(Net MarketShare調べ)
 
1位 Chrome(63.60%)
2位 Internet Explorer(11.19%)
3位 Firefox(10.00%)
4位 Edge(4.34%)

新ブラウザのコードネームは「Anaheim」

こうした状況に嫌気が差したのか、MicrosoftはEdgeに代わる新ブラウザを開発予定のようです。米メディアWindows Centralの報道によると、新ブラウザの開発コードネームは「Anaheim」。Googleのオープンソースプロジェクト「Chromium」をベースにしているそうです。
 
米メディアThe Vergeは今週中にも新プロジェクトの発表があるかもしれないと予想していますが、Microsoftはこの件に関してコメントを控えています。
 
 
Source:CNET Japan,engadget
Photo:flickr-Mike Mozart
(kotobaya)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる