5G対応iPhoneは2020年になるまで発表されない?


     
    次世代通信規格5Gに対応したiPhone来年は発表されない、とBloombergが新たに報じています。

    モバイルコンピューティングの新時代を切り開く5G

    Appleが2019年に5G対応iPhoneをリリースしなければ、スマホ業界の流れに乗り遅れるのではないかと危惧する声が上がっています。来年Samsungなど、大手スマホメーカーが5G対応のスマホの発表を計画しているためです。
     
    3Gや4Gが新たに導入された際、Appleは一環として待ちの姿勢を見せ、サービスエリアが拡大してからデバイスでのサポートを開始しました。しかしながら5Gは、大幅な通信速度の上昇が見込まれ、新しいタイプのモバイルコンピューティングが可能になるといわれているため、乗り遅れればチャンスを逃がすことになりかねません。
     
    5Gへの対応が遅れてしまう理由として、これまでiPhoneにモデムを提供してきたQualcommとの確執があるのかもしれません。Intelの5G対応モデムは、2019年のiPhoneに間に合わないといわれています。

    他社メーカーが準備を進める5G対応デバイス

    Samsungは、5G対応のGalaxyの来年のリリースを計画しており、中国ベンダーのOppoやHuaweiもそれぞれ5G対応スマホの発表を予定しているとされています。
     
    「Appleはセルラー技術に関してはいつも遅れがちである」と、ICTアドバイザリ企業Gartnerのマーク・ハング氏は述べています。「過去には(導入が遅れても)特に問題はなかったようだが、5Gはずっと売り込みやすい。(Appleが)2020年まで待つのなら、影響を受けるだろうと私は思う」
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Kārlis Dambrāns/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次