トップページ > 最新情報 > Apple Watchの返品期間、心拍数測定や心電図機能の不具合で45日間まで延長?
2018年12月2日 21時59分

読了まで 154

Apple Watchの返品期間、心拍数測定や心電図機能の不具合で45日間まで延長?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Apple Watchは、購入から2週間以内であれば返品することができますが、心拍数測定や心電図機能の不調が理由なら返品期間が45日間まで延びる可能性があると報じられています。

Series 1から4まですべてのモデルに適用か

米メディアMacRumorsが入手した、Apple Storeと正規サービスプロバイダに配布された内部資料に、Apple Watchの心拍数測定や心電図機能がうまく機能しない場合、デバイス購入から45日間まで返品が可能との記載が見つかったようです。
 
心電図(ECG)は、Apple Watch Series 4のみに搭載されており、ソフトウェアアップデートによりwatchOS 5.1.2で米国内に限り利用可能になるとされています。
 
心拍数測定は、Apple Watch Series 1からSeries 4まですべてのモデルで行うことができます。心拍数の通知が不規則に届くなど機能の不具合がある場合は、通常の購入日から14日以内ではなく、45日間まで返品できる可能性があるとされています。

Apple Watchの検査は行われない?

内部資料によれば、Apple Storeは心拍数測定機能に不具合のあるApple Watchの検査を行わないとのことなので、もし購入日から14日間を超えていて何らかの理由で返品したい場合、心拍数測定機能がうまく機能しないと口頭で説明するだけで購入日から45日間以内であれば返品ができる可能性があるようです。
 
心電図機能は日本国内で利用可能になるかどうかは定かでありませんが、iPhoneの地域設定を米国に設定すれば利用できるようになるとの噂があります。
 
 
Source:MacRumors, 日本における販売および返金条件/Apple
(lexi)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる