Apple、ケースの上からでもiPhoneのボタンを正確に操作できる特許を申請


     
    モバイルデバイスにとって保護ケースは欠かせないものとなってきていますが、ボタンをカバーした場合、うまく反応しなくなるのが問題とされています。そこでAppleは、ケースの上からでもiPhoneボタンを正確に操作することができる方法を考案したようです。

    ケース装着時でも何もつけていないかのようなカチッと感が得られる?

    Appleの特許に焦点を当てたメディアPatently Appleが最初に見つけた特許は、「MAGNETICALLY COMPENSATED BUTTON FEEL IN AN ELECTRONIC SYSTEM(電子システムのボタンの感覚を磁力で埋め合わせる)」と名付けれたものです。
     
    デバイスにアクセサリが取り付けられると、ボタン操作の際に必要な力が変わってしまいます。特許技術は、デバイスにアクセサリが取り付けられたとき、誘発ユニットと磁気回路を構成し、”tactile compensation unit(触覚埋め合わせユニット)”が、ボタン操作に必要な力に変更を加えるというものです。
     

    Apple/USPTO


     
    簡単に言えば、ケース越しにボタンをクリックすると、まるでケースをつけていないかのようにカチッとボタンを押した感覚が得られるということです。
     
    Appleが申請した特許技術を実際に開発するかは定かではありませんが、もし実装された場合は純正ケースに使用されるのではないか、と9to5Macは推測しています。
     
     
    Source:Patently Apple via 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次