2018年11月3日 05時02分

読了まで 139

iPhone5がオブソリート製品に〜製品の製造中止後5年以上が経過


 
Appleのビンテージ製品とオブソリート製品のリストにiPhone5が仲間入りしたことが明らかになりました。

トルコとカリフォルニア以外でサポートが終了

現地時間の30日、iPhone5はアメリカ国内ではビンテージ製品、それ以外の国や地域ではオブソリート製品の扱いになりました。
 
ビンテージ製品とは、製造中止から5年以上7年未満の製品で、カリフォルニア州やトルコでは修理サービスを受けられる場合があります。
 
オブソリート製品とは、製造中止から7年以上が経過した製品で、ハードウェアサービスが終了した製品のことを指します。
 
つまり通常であれば、iPhone5のハードウェアサービスは受けられなくなりますが、AppleはiPhone5を修理期間延長プログラムに追加したことが判明しており、今後2年間は継続してサービスが受けられることになりそうです。

4Gが最初に導入されたiPhone

iPhone5は、4G LTEが最初に導入されたiPhoneで、Lightning接続端子もこのモデルで最初に採用されました。32ビットのAシリーズのチップが搭載された最後のモデルでもあります。

 
 
Source:Neilpcronin/Wikimedia Commons
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる