トップページ > 最新情報 > Appleが四半期業績発表、iPhone販売数は横ばいも売上高は29%増加
2018年11月2日 18時06分

読了まで 231

Appleが四半期業績発表、iPhone販売数は横ばいも売上高は29%増加

Apple iPhone iPhone XS iPhone XS Max iPhone iPhone XR


 
Appleは現地時間11月1日、2018会計年度第4四半期(2018年7月〜9月)の業績を発表しました。iPhoneの販売台数は前年同期とほぼ同じながら、売上高は29%の増加となり、iPhoneの高価格化が業績にプラスとなりました。Apple WatchやAirPodsなどの「その他製品」は、対前年比31%の伸びを記録しています。

総売上高は20%、日本の売上高は対前年同期比32%の伸び

Appleが発表した、2018会計年度第4四半期の総売上高は629億ドルで、前年同期と比べて20%増加しています。
 
総売上高のうち、61%がアメリカ以外の地域でのものでした。日本の売上高は約8%に相当します。
 
Apple 2018会計年度第4四半期 決算
 
売上高の対前年比伸び率を地域別にみると、全ての地域で2ケタの伸びを記録していますが、中でも日本が32%と他地域と比べて大きく伸びています
 
Appleは、2019会計年度第1四半期(2018年10月〜12月)の業績予測を、890億ドル〜930億ドルと発表しています。

iPhone販売数は前年同期と同等、売上は29%も増加

iPhoneの販売台数は4,689万台で、前年同期(4,667万台)からほぼ横ばいでしたが、売上高は29%の伸びを記録しました。
 
Apple 2018会計年度第4四半期 決算
 
これは、2017年11月に発売されたiPhone X、そして2018年9月に発売されたiPhone XS/XS Maxで単価が上昇したためと考えられます。

iPadとMacの販売台数は前年同期比マイナス

iPadの販売台数は970万台で、前年同期と比べると台数で6%減、売上高で15%減とマイナス成長となりました。
 
これは、2018年3月に発売した低価格のiPad(第6世代)効果で販売台数が伸びたものの、販売単価が低いことの影響とみられます。
 
先日発表され11月に発売される新型iPad Proがヒットすれば、販売台数、売上高ともに上昇に転じる可能性があります。
 
Apple iPad Pro
 
Macシリーズの販売は530万台で、前年同期比で販売台数は2%減、売上高は3%の増加を記録しました。売上高の増加は、7月にリフレッシュされたMacBook Proの効果が考えられます。
 
11月に発売される新型MacBook Air新型Mac miniが、次期の業績にどこまで貢献できるかにも注目が集まりそうです。
 
MacBook-Air-family-10302018
 

Apple Watchなどの「その他製品」が前年同期比31%の伸び

Apple MusicやApp Storeなどが含まれるサービス部門は、売上が99億8,100万ドルと100億ドル目前に迫り、前年同期比で17%と2ケタ成長となりました。
 
Apple WatchやAirPodsなどが含まれる「その他製品」部門の売上高は42億3,400万ドルで、前年同期比で31%もの伸びを記録しています。
 
Apple Watch Series 4
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる