トップページ > 最新情報 > Apple Pay、ベルギーで11月に導入開始
2018年10月31日 23時57分

読了まで 146

Apple Pay、ベルギーで11月に導入開始


 
Apple Payベルギー来月サービス開始となることがわかりました。最初は1つの金融機関でのみ利用可能となる見込みです。

ついにベルギーでも導入

Apple Payは、ベルギーを拠点とする国際銀行BNP Paribas Fortisと、その子会社のHello BankとFintroのVisaとMastercardのみに限ってまず導入されます。それ以外の金融機関を利用するユーザーはもうしばらく待たなければなりません。
 
ソースとなっている地元紙の記事には、個人間送金ができるApple Pay Cashが同時に利用可能になるかどうかは明記されていません。

サービス導入の壁は金融機関との交渉

Apple Payは2014年にアメリカで初めて導入されました。今では、イギリス、日本、中国など、世界30の国や地域で利用可能となっています。
 
Apple Pay導入の壁となるのは、技術問題よりも金融機関との交渉だといわれています。AppleはApple Payの取引で少額の料金を取りますが、金融機関の中にはそれに抵抗を感じる組織もあるようです。
 
ヨーロッパの大国ドイツでは、いまだに交渉がまとまっておらず、Apple Payの導入は実現していません。しかしながら、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)いわく、2018年の終わりまでにサービスが開始されるとのことです。
 
 
Source:De Tijd via AppleInsider, Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる