Twitter、健全な会話のため「いいね」の廃止を検討か

twitter ロゴ

twitter ロゴ
 
Twitterが「いいね」機能の廃止を検討しているようです。同社のイベントで言及された話として、The Telegraphが明らかにしました。

現在は検討の段階だが

いいね」機能を見直す可能性は、Twitterの最高経営責任者(CEO)であるジャック・ドーシー氏がイベントで発言したとされています。同氏は「ハート型のボタン」が好きではないようで、「近いうちに廃止したい」と述べたとのことです。
 
「いいね(Like)」を示すハート型のボタンは、従来の「お気に入り(Favorite)」を意味するスター型のボタンに代わって登場したもので、ユーザーがツイートに共感していることを表現しやすいとして2015年に採用されました。
 
しかし、この機能はTwitterによれば、「健全な会話」を成り立たせるための阻害要因となっている可能性があるそうで、同社は検討段階に過ぎないことを強調しながらも、見直しを行っていることを認めています。
 


 
もっとも、Twitterの「いいね」は自己承認欲を満たすためのものだけではなく、お気に入り機能や共感指数を示す役割など、ユーザー当人以外にとっても様々な側面を持ち合わせているだけに、改善には慎重さが求められるところでしょう。
 
 
Source:The Telegrah,THE VERGE
(kihachi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

特集

目次