2018年10月25日 00時16分

読了まで 25

視線でスマホをコントロールできるアプリ「Hawkeye Access」が公開


 
などのを搭載したで、視線のみでデバイス操作が可能が登場しました。
 
アプリを開発したHawkeye Labsの最高経営責任者(CEO)のマット・モス氏が、7月にTwitterで公開したデモ動画は視聴回数35万回を超え、大きな注目を集めていましたが、ついにiOSアプリとしてリリースされました。
 
Hawkeye Access」で、TrueDepthカメラを介して視線の情報を取得し、セクションごとの選択、ナビゲーションなどが可能となります。
 

 

  • カーソルがスクリーンのどこを見ているのかを表します。
  • ボタンやリンクに視線を当て、ハイライトします。
  • スマイルするか、まぶたを閉じる、もしくは目線を維持して選択します。
  • デバイスの端を見て、スクロールします。
  • デバイスの左側を見て、前の画面に戻ります。
  • デバイスの右下を見て、ホームに戻ります。
  • 検索やテキストボックスの制御

 

人々からは期待の声

Twitter上でのデモ動画公開時、運動障害のある人々が大きな恩恵を受けることになるのではないかと多くの期待の声が寄せられていました。
 


Hawkeye Accessの今後の発展に注目です。
 

Hawkeye Access
カテゴリ:ユーティリティ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:VentureBeat
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる