2018年10月16日 15時18分

読了まで 21

iPhone XS Maxのバッテリー持続時間はライバル機を凌駕

iPhone XS, iPhone XS Max iPhone Xr


 
スマートフォンの画面サイズは6インチを超える大型のものが多数販売されるようになりました。もその一つですが、同機種は同じようなサイズのスマートフォンに比べ、持続時間で優位に立っていることがわかりました。

解像度を最大にして調査

YouTuberであるPhoneBuff氏は以前にも XS Maxのバッテリー持続時間を他の機種としたのですが、その時は Note9の画面解像度をデフォルト値である「1,920 x 1,080」として調査していました。この時はGalaxy Note9がバッテリー持続時間でiPhone XS Maxを上回ったのですが、条件が異なっていることから比較が不正確だという意見もありました。
 


 
そして今回はできるだけ条件を揃えるため他の機種もiPhone XS Maxの解像度「2,688 x 1,242」に近い解像度に設定して比較しています。テストは実際の使用を想定したものであり、その結果iPhone XS Maxは他の機種を引き離すバッテリー持続時間(6時間以上)となりました。2位は僅差でGalaxy Note9、3位はGoogle Pixel 3 XLとなりました。Xperia XZ3は早々にバッテリーが切れてしまい4位に終わっています。

容量が小さくても効率がいい

iPhone XS Maxのバッテリー容量は3,140mAhと他の機種に比べて少ないのですが、それでもA12チップやディスプレイの電力消費効率がいいのか、バッテリー持続時間は他の機種を凌駕しています。これはiPhone XS Maxの大きな特徴と言っていいでしょう。ただどの機種も大容量のバッテリーを搭載しており、テストのような使い方をしなければ1日中使えることは間違いありません。
 
Apple iPhone iPhone XS Max CM 「Growth Spurt」
 
旅行時や災害時など特別な状況を除けば、そこまでシビアにバッテリー持続時間を気にする必要はないのかもしれません。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる