2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    au、日本企業で初の「Apple Business Chat」活用したサポートを開始

    au 「Apple Business Chat」

    au 「Apple Business Chat」
     
    KDDIと沖縄セルラーは10月2日、「Apple Business Chat」を利用したサポートサービスの提供を開始しました。iPhoneやiPadのユーザーは、auのホームページからiMessageを使って直接、問い合わせが可能です。日本企業では初の導入となります。

    auホームページからiMessageで問い合わせ

    KDDIは、「Apple Business Chat」を使って料金プランの相談やデータ移行方法の案内、新商品についての質問などを直接コミュニケーターに問い合わせできると案内しています。
     
    auのホームページから「メッセージで問い合わせ」ボタンを押すとiMessageアプリが開き、問い合わせが可能です。
     
    au 「Apple Business Chat」
     
    本稿執筆時点で、auのホームページ内のアイコンをタップすると、iMessage画面が開き「通常数時間以内に返信があります」と案内が表示されました。
     
    au 「Apple Business Chat」
     

    日本やイギリス、ドイツなどでも利用可能に

    「Apple Business Chat」は、2018年3月にiOS11.3の公開にあわせてベータ版が公開された機能で、企業とユーザーがiMessageを使って直接やりとりすることができます。
     
    同機能の提供開始当初は、利用できるのはアメリカのみでしたが、現在は日本をはじめオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、イタリア、シンガポール、スイス、イギリスでも利用可能となっています。
     
    Apple Business Chat
     
    アメリカ大リーグ、フィラデルフィア・フィリーズのホーム球場では、ビールの注文に「Apple Business Chat」が利用可能となるなど、活用が拡大しています。
     
    今後、Apple Business Chatを使った顧客サービスを提供する日本企業が増えることが見込まれます。

     
     
    Source:KDDI, Apple, iPhoneHacks
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次