トップページ > 最新情報 > Google、通勤ストレスを緩和するマップ機能を追加
2018年10月2日 15時44分

読了まで 22

Google、通勤ストレスを緩和するマップ機能を追加


 
Google マップの新たな通勤機能で、電車や徒歩、バスなどを組み合わせた通勤経路を一つのルート表示として利用できるようになり、リアルタイムの交通情報アップデートで所要時間をより的確に推測できるようになりました。また、音楽配信サービスもマップアプリ内で利用可能となった模様です。

隙間時間があればコーヒーを飲んだほうがいい

アメリカやカナダの人々は通勤に毎日1時間以上を費やすといわれており、ラッシュアワー時の自動車での移動は最長で60%多くの時間がかかるとされています。
 
通勤のストレスはそういった予想だにしない交通機関の遅延からくるとGoogleは見ており、交通状況をより的確に把握することで、無為に電車やバスを待つ代わりにコーヒーを飲んだりする時間に充てることができる、と主張しています。
 

Google


 
世界中の80の地域ではリアルタイムで電車やバスの位置がわかるようになったとされており、オーストラリアのシドニーでは公共交通機関の運営会社とGoogleの間にパートナーシップが組まれたことが発表されています。また、複数の異なる交通手段を組み合わせたルート表示も新たにサポートされています。

音楽配信アプリに切り替える必要なし

通勤を助けるものの一つに音楽が挙げられますが、音楽配信アプリとマップアプリを同時に使用していては、アプリの切り替えに疲れてしまいます。
 
GoogleはSpotifyApple MusicGoogle Play Musicがマップアプリ上で直接利用できるように仕様を変更した模様で、通勤中のスムーズな音楽再生が実現するでしょう。
 

Google


 
 
Source:Google
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる