トップページ > Apple Watch > Apple Watch Series 4、揺れる炎などの文字盤は実写!制作の模様が公開
2018年9月21日 18時25分

読了まで 145

Apple Watch Series 4、揺れる炎などの文字盤は実写!制作の模様が公開

Apple Watch Series 4 文字盤


 
Apple Watch Series 4に使われている炎や煙などの文字盤は、CGのように見えますが、実際に撮影された映像が使われています。メイキングの映像が公開されました。

炎、水、粉末などを実際に撮影

9月21日に発売されたApple Watch Series 4に搭載されている新しい文字盤には、炎や煙など、美しい映像が採用されています。
 
Apple Watch Series 4 文字盤
 
てっきりCGだろうと思ってしまうこの文字盤を、実際に撮影する様子のメイキング映像を海外メディアCOOL HUNTINGが公開しています。
 
Apple Watch Series 4 文字盤 メイキング coolhunting
 
メイキング映像を見ると、波打つ炎、揺れる水面、爆発的に飛び散る粉末などを、相当な手間をかけて撮影している様子が分かります。
 
公開されたメイキング映像はこちらです。
 

 

「最高で多様な才能を集結させた」文字盤制作

Appleのユーザーインターフェイスデザイン担当副社長であるアラン・ダイ氏は、実写映像を用いた理由を以下のように語っています。

デジタルでも表現できますが、最高で多様な才能を集結し、スタジオで実際に撮影して文字盤を制作しました。

 
こうして撮影された文字盤は、Apple Watch Series 4の紹介映像でも見ることができます。
 

 
 
Source:COOL HUNTING via 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる