トップページ > 最新情報 > 2019年のiPhone、画面上部のノッチ(切り欠き)が小さくなる?
2018年9月20日 01時32分

読了まで 212

2019年のiPhone、画面上部のノッチ(切り欠き)が小さくなる?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

2019 iPhone ノッチ Twitter @VenyaGeskin1
 
2019年のiPhoneは、画面上部のノッチ(切り欠き)が小さくなる、とApple関連のリーク情報で知られる人物が画像を公開しています。

画面サイズは維持、ノッチが縮小か

2018年モデルのiPhone XSやiPhone XS Maxが発売される前にも関わらず、早くも2019年モデルのiPhoneについての噂が飛び出しました。
 
Apple製品関連のリーク情報を数多く発表しているベンジャミン・ジェスキン氏は、2019年のiPhoneは、5.8インチと6.5インチの画面サイズを維持したまま、ノッチの横幅が狭くなることを示す画像をTwitterで公開しました。
 
画像で見ると、両端のiPhone XS MaxとiPhone XS(2018年モデル)のノッチよりも、中央に並んだ2019年モデルのノッチのほうが、横幅が狭くなっているのがわかります。
 


 

他にもある、2019年のiPhoneに関する噂

2018年のiPhone発表前から伝えられている、2019年のiPhoneに関する噂には、以下のようなものがあります。
 

  • 背面カメラがトリプルカメラで光学3倍ズームに対応する
  • 背面カメラに3Dセンサーは搭載されない
  • ディスプレイ埋め込み型の指紋認証は採用されない
  • 液晶モデルの新型iPhoneが発売される
  • Lightning端子が廃止され、USB-Type C(USB-C)端子が採用される

 
ジェスキン氏は「Appleは将来のiPhoneのために、現在もディスプレイ埋め込み型のカメラとセンサーを研究している」とも発言しています。
 


 
 
Source:@VenyaGeskin1/Twitter
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる