トップページ > 最新情報 > Google マップ、Apple CarPlayのサードパーティ製マップとして利用可能に
2018年9月19日 06時16分

読了まで 146

Google マップ、Apple CarPlayのサードパーティ製マップとして利用可能に

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
iOS12で、Appleの「マップ」以外のサードパーティ製マップがApple CarPlayで利用できるようになったため、GoogleはさっそくCarPlayのサポートを開始したことがわかっています。

Googleアカウントの情報を自動的に持ち越し

Google マップはSiriを介して利用することはできませんが、独自の音声検索ツールを兼ね揃えています。Google マップアプリをCarPlayで使用すると、Googleアカウントに保存されているホーム、仕事先、ブックマークした住所が自動的に表示されます。
 
GoogleマップのCarPlayインターフェースは、ポップアップの出方など、Appleのものと様々な点で似通っています。Googleのマッピングデータを使用することで、衛星写真を表示したり、有料道路を避けたりすることもできます。
 
すでに行ったことのある場所の地図データはキャッシュとして利用することができ、オフラインでもアクセスが可能となります。

ユーザーの要望に応えたApple

サードパーティ製マップアプリのCarPlayでのサポートは、多くのユーザーが望んでいた機能です。
 
Google マップは、Apple製マップよりも優れているとよく言われ、Appleの「マップ」がiOSデバイスにデフォルトで入っているにも関わらず、App Storeで7番目に人気のアプリとなっています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる