iPhone XS/XS Max/XRは「予備電力機能付きエクスプレスカード」対応

    Apple Pay 日本 Suica Felica

    Apple Pay 日本 Suica Felica
     
    13日未明のスペシャルイベントで発表されたiPhone XS/XS Max/XRは性能が従来機種と比べて大幅に向上した機種として紹介されましたが、機能面で従来機種と大きな違いはないとされます。しかしイベントでも触れられなかった小さな機能向上が注目を集めています。

    電源OFFでもSuica利用可能

    iPhone XS/XS Max/XRの仕様一覧にこれまでの機種にはなかった「予備電力機能付きエクスプレスカード」との表記が確認できます。仕様として「予備電力機能付きエクスプレスカード」」と書かれているだけなので、詳細については推測するしかないのですが、文字通りに捉えればiPhoneの電源がOFFになっていても、エクスプレスカードに指定したSuicaが使えることを意味するはずです。
     
    SuicaをApple Payに設定
     
    これまでのApple Pay(Suica)は電源がOFFになっていれば使えなかったので、鉄道を利用する際にはバッテリー残量を気にする必要がありました。Apple Payで改札を通過して、鉄道に乗っているときにバッテリーが切れて電源がOFFになってしまうと、改札から出ることができず非常に面倒なことになります。これがiPhone XS/XS Max/XRでは解消しているのでしょう。

    おサイフケータイに追いついた

    日本でのApple Pay開始当初、一部メディアがおサイフケータイの仕様をもとに「電源OFFでもApple Payが使える」と報じました。しかし実際は電源が入っていなければApple Payは使えず混乱を生んだのですが、それから2年でようやくこの不便さが解消される形となりました。改札に入る時、バッテリー残量が少なくても心配する必要はなさそうです。
     
    Suica Apple Pay
     
    ただし予備電力にも限界があるのは確実です。どの程度の電力が蓄えられているかは不明ですが、あまり長い間電源OFFのままSuicaを使い続けることはできないでしょう。予備電力の残量は通常の利用では問題ないはずですが、長期間電源OFFのままのiPhoneで、電源を切ったままSuicaを使うような場合には注意が必要かもしれません。
     
     
    Source:Apple
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次