トップページ > 最新情報 > Apple、2019年1月1日からバッテリー交換料金を値上げ
2018年9月13日 08時02分

読了まで 150

Apple、2019年1月1日からバッテリー交換料金を値上げ

iPhone6 バッテリー 


 
Appleは現在、iPhone6以降のiPhoneのバッテリーについて、割引料金で交換するプログラムを実施していますが、当初の予定どおりこれを2018年12月31日で終了し、2019年1月1日からは新たな料金を適用することがわかりました。

2019年1月1日から値上げ

米メディアMacRumorsがAppleから入手したサポート文書によれば、2019年1月1日からのバッテリー交換料金は次のようになります。
 
iPhone SE、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plusについては、現行の29ドル(日本では現在3,200円)から49ドルへ。
 
発表されたばかりのiPhone XS/XS Max、iPhone XRのバッテリー交換料金は69ドル、iPhone Xおよび上記以外の古いiPhoneについては79ドル

以前は79ドル(8,800円)で交換

なおAppleは、現在の割引料金による交換プログラムを実施する前は、すべてのiPhoneのバッテリーを79ドル(日本では8,800円)で交換していました。
 
つまり新年以降値上げされても、iPhone Xと古いiPhone以外のモデルについては、以前よりも安い料金で交換できるということです。
 
とはいえ、iPhone6以降のiPhoneを所有し、バッテリーの持ちの悪さを実感している、少しでも安くバッテリーを交換したいユーザーには、年内の交換をお勧めします。

 
 
Source:MacRumors
Photo:iFixit
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる